航海練習船

独立行政法人 航海訓練所

練習船「大成丸」(左)と銀河II (右)
神戸港では航海訓練所の練習船は第1突堤に接岸していた。しかし、第1突堤は2005年7月ごろから改修工事に入り、上屋が取り壊された。練習船も第4突堤など他の突堤に接岸するようになった。
(2005年6月7日 新港第1突堤)

練習帆船「日本丸」
船籍港 東京
船種 4檣バーク型帆船
建造造船所 住友重機械工業株式会社
追浜造船所浦賀工場
起工 / 進水 / 建造年月日 1983.4.11 / 1984.2.15 / 1984.9.14
信号符字 JFMC
航行区域 遠洋区域
全長 × 幅 × 深さ
メインマスト高
110.09 m × 13.80 m × 10.71 m
43.5m(船楼甲板からの高さ)
総トン数 2,570 ton
主機 × 出力 4サイクルディーゼル機関(2基) × 3,000 PS (2,206 KW)
燃料搭載量 433 m3
清水搭載量 884 m3
最大速力 / 航海速力 14.3 kn / 13.2 kn
航続距離 9,800 miles (18,150 Km)
最大搭載人員 190 名
昭和59年に初代日本丸を引継ぎ就航した「日本最大、世界でも最大級」の練習帆船。帆を広げた美しい姿から「太平洋の白鳥」と呼ばれる。

2005年度上半期寄港の様子はこちら
2005年度下半期寄港の様子はこちら
練習帆船「海王丸」
船籍港 東京
船種 4檣バーク型帆船
建造造船所 住友重機械工業株式会社
追浜造船所浦賀工場
起工 / 進水 / 建造年月日 1988.7.8 / 1989.3.7 / 1989.9.15
信号符字 JMMU
航行区域 遠洋区域
全長 × 幅 × 深さ
メインマスト高
110.09 m × 13.8 m × 10.7 m
43.5m(船楼甲板からの高さ)
総トン数 2,556 ton
主機 × 出力 4サイクルディーゼル機関(2基) × 3,000 PS (2,206 KW)
総帆数 36枚
帆の総面積 2760m2
燃料搭載量 432 m3
清水搭載量 865 m3
最大速力 / 航海速力 14.1 kn / 13.0 kn
航続距離 9,800 miles (18,150 Km)
最大搭載人員 199 名
平成元年に就航。財団法人船員教育振興会所属で独立行政法人航海訓練所が運行している。日本丸と同型船であるが、帆装艤装には数々の改良が加えられている。唯一、一般人も『研修生』として乗船できる練習船。平成16年10月富山港沖で台風の風波によって座礁大破したが、平成18年1月1日に再就航した。

2006.2.12. 海王丸一般公開の様子はこちら
(2005年6月18日 新港第1突堤) (2006年2月12日 中突堤)
(2004年12月2日 新港第1突堤)

練習船「大成丸」
船籍港 東京
船種 汽船
建造場所 日本鋼管株式会社鶴見工場
起工 / 進水 / 就航年月日 1980.4.17 / 1980.10.3 / 1981.3.16
信号符字 JLPY
航行区域 遠洋区域
全長 × 幅 × 深さ 124.8m × 17.0m × 10.5m
総トン数 5,886.73 ton
主機 × 出力 タービン機関 × 7000PS (5,148 KW)
燃料搭載量 1661 m3
清水搭載量 1,220 m3
最大速力 / 航海速力 19.2kn / 17.5 kn
航続距離 12,600 miles (23,335 Km)
最大搭載人員 214 名
現役最年長の練習船。タービン機関の練習船は世界的にも貴重な存在。
練習船「青雲丸」
船籍港 東京
船種 汽船
建造造船所 住友重機械工業株式会社 追浜造船所
起工 / 進水 / 就航年月日 1996.3.6 / 1997.3.4 / 1997.9.25
信号符字 JLLY
航行区域 遠洋区域
全長 × 幅 × 深さ 116.0 m × 17.9 m × 10.8 m
総トン数 5,884 ton
主機 × 出力 ディーゼル機関(1基) × 10,500 PS(7,722 KW)
燃料搭載量 1,477 m3
清水搭載量 1,357 m3
最大速力 / 航海速力 21.0 kn / 19.5 kn
航続距離 15,000 miles (27,780 Km)
最大搭載人員 256 名
外国人実習生も乗船する練習船。スポーツドームでは、雨の日も運動ができる。毎年夏には世界1周の遠洋航海を実施。1万馬力が作り出す20ノットの速力は練習船随一。
(2006年4月28日 新港第4突堤) (2006年5月26日 神戸港 新港第4突堤)
(2005年6月22日 神戸港から出港) (2006年5月26日 神戸港 新港第4突堤)

練習船「銀河(三代目)」
船籍港 東京
船種 汽船
建造場所 三井造船株式会社千葉工場
起工/進水/就航年月日 2003.11.6 / 2003.12.12 / 2004.6.15
信号符字 JFFP
航行区域 遠洋区域
全長 × 幅 × 深さ 116.40 m × 18.00 m × 8.00 m
総トン数 6,185 ton
主機 × 出力 ディーゼル機関(1基) × 9,000 PS ( 6,600 KW)
燃料搭載量 1,613 m3
清水搭載量 833 m3
最大速力 / 航海速力 20 kn / 18 kn
航続距離 11,000 miles (20,370 Km)
最大搭載人員 246 名
最も新しい練習船。最新設備を搭載した運航システムを持つ『次世代型練習船』。
練習船「銀河II 」(旧「銀河丸」(二代目))
船籍港 尾道
船種 -
建造場所 -
起工/進水/就航年月日 -
信号符字 -
航行区域 -
全長 114.62m
総トン数 4,888 ton
主機 (出力) 三菱UEC52/105型
 6200馬力(4560kW)
燃料搭載量 -
清水搭載量 -
航海速力 17.5ノット
航続距離 -
最大搭載人員 -
銀河丸としては2004年6月に引退。その後、海王丸が座礁破損したため、その復帰までの間、練習船銀河Uとして内海を中心に訓練航海に従事する。(平成17年12月31日に終了)
(2006年8月11日 神戸港) (2005年6月7日 新港第1突堤)  

大学等の練習船

練習船「深江丸」
所属 神戸大学海洋科学部 (旧神戸海洋大学)
造船所: 三井造船玉野事業所(岡山県)
竣工 1987年10月14日
全長 49.955 m
型幅 10.00 m
総トン数 449 トン
(国際総トン数:674トン純トン数:202トン)
最大搭載人員 64名
主機関 4サイクルディーゼル機関
DAIHATSU 6DML-26S X1基
最大 1500 HP X 720 rpm
常用 1200 HP X 672 rpm
航海速力: 12.5 kt
航続距離 3000海里 (約5500km)
HP:http://www.maritime.kobe-u.ac.jp/hukae/hukaemaru/
平成13年3月に日本海事協会(NK)より国立大学では初めてISO9002:9004を取得。(神戸商船大学時代、さらに平成15年6月にISO9001:2000の承認を取得。)また機関区域無人化のM0(エムゼロ)資格を取得しているM0船。
練習船「海技丸」
所属 独立行政法人 海技大学校
造船所:
竣工
船型: 船橋楼付一層甲板型
全長

(O.A) 38.00m

型幅 (MLD) 6.80m
深さ: (MLD) 3.30m
喫水: (MLD) 2.50m
総トン数 157トン
最大搭載人員 50名
主機関 ディーゼル機関800HP
航海速力: 11 kt (最大速力: 13 kt)
HP:http://www.mtc.ac.jp/index.html

海技大学校は、船員に対し船舶の運航に関する高度の学術及び技能を教授する目的に設置された我が国唯一の船員の総合教育機関。所在地は兵庫県芦屋市。

(2004年7月18日 神戸港 中突堤) (2005年6月5日 神戸港 中突堤)

練習船「耕洋丸」
所属 水産大学校
造船所 林兼造船(株) 下関造船所
竣工 1978(昭和53)年
全長×幅×深さ 81.40 m × 13.00 m × 8.40 m
総トン数 2,342t
機関型式 2サイクル過給機付
ディーゼル機関
連続最大出力
/ 回転数
2794.9 (3800) kW (PS) / 230 rpm
発電機出力×台数 620 kVA × 2
(+補助発電機)
定員 乗組員 45名
教官   5名
学生   94名
山口県下関市にある水産大学校の所属。漁業・海洋調査・航海・運用・機関などの実習を行う。
独立行政法人 水産大学校:http://www.fish-u.ac.jp/
海洋調査研修船「望星丸」
所属 東海大学
造船所 (株)三保造船所
竣工 平成5年10月
全長×幅×深さ 87.98 m  × 12.80 m × 8.10 m
総トン数 1,777t
主機関 2500ps×720rpm×2基
航海速度 17kt
定員
乗組員 33名
教員・調査員 17名
実習・研修学生 120名
練習学生 20名
合計 190名
主要観測機器
海底地形 精密音響測深機(PDR)
地層探査機(SBP)
地質構造 エアーガンシステム
磁力探査装置
地磁気 電機伝導度水温水深計(CTD)
水温・塩分等 オートアナライザ
水質 超音波流速計(ADCP)
海流 波浪等計測装置
波浪 科学計量魚探
生物 クローズネットシステム
自動気象観測装置
気象 大気・海洋CO2分析装置
その他 サーモサリノグラフ
要観測支援設備
海洋観測ウインチ 8,000m/14mm、8,000m/9mm、
3,000m/3mm、1,500m/3mm
CTD用ウインチ 6,000m/7.4. mmアーマード
Aフレーム 荷重6トン、2トン、1トン
中折式デッキクレ−ン  
研究室等 ドライラボラトリ
ウェットラボラトリ
CTD格納室
コンピュータ室
その他 クリーンベンチ
純水製造装置
船内情報システム
東海大学海洋学部の海洋実習船及び観測船のほか、学園全体としての海外研修航海や、地域社会の青少年に対する海洋思想の普及活動の少年の船等を目的とした多目的船。
(2006年2月24日 新港第4突堤) (2006年5月19日 神戸港 中突堤)

水産高校の漁業実習船
愛知県立三谷水産高等学校漁業実習船「愛知丸」
愛知県唯一の水産高校である愛知県立三谷水産高等学校の練習船。現在の愛知丸は2代目で平成2年3月に完工。総トン数は450 トンで全国の水産高校の練習船・実習船の中では標準的な大きさ。航海には23名のスタッフの他、30数名の生徒が乗船する。蒲郡港を起点として沖縄やハワイ方面へ航海を行っており、ハワイ沖への75 日の遠洋航海は年2回実施される。
竣工年月日 平成2年3月30日
総トン数 450t
全長 55.12m
型幅 9.00m
型深さ 3.90m
主機出力 1400PS
航海速力 11.0kt
生徒定員 50名
主要漁法 まぐろ延縄
HP http://miya.suiko-van.or.jp/ih08-3.htm
神奈川県立三崎水産高校漁業実習船「湘南丸」
船籍港 三浦
船主名 神奈川県
運行者 神奈川県立三崎水産高校
造船所名 新潟鉄工所 新潟
竣工年月 1999年2月
総トン数 646t
全長 64.23m
型幅 9.80m
型深さ 6.38m
機関 ディーゼル x 1
機関馬力 2,000PS
航海速力 13kt
旅客定員 生徒等57名
(2006年1月27日 新港第4突堤) (2006年6月30日 新港第2突堤)

茨城県立海洋高等学校漁業実習船「鹿島丸」 香川県立多度津水産高等学校漁業実習船「香川丸」
造船所名 K.K讃岐造船鉄工所
竣工年月日 1998年6月30日
総トン数 499t
全長 58.41m
型幅 9.30m
型深さ 3.90m
定格出力 1800PS
航海速力 12.50ノット
HP http://www.kagawa-edu.jp/suikoh01/
現在の船は5代目にあたる。
(2006年7月11日 神戸港中突堤) (2006年7月26日 神戸港中突堤)

福井県立小浜水産高等学校漁業実習船「雲龍丸」
竣工年月
1995年 3月
船種 鋼船 全通二層甲板
総トン数 499.00t
全長
56.67m
型幅
9.40m
型深さ
6.20m
機関馬力
1,800馬力
HP http://www.obamasuisan-h.ed.jp/index.html
現在の船は6代目にあたる。仕事が遅くなりすっかりあたりが暗くなってしまった。
(2006年7月28日 神戸港中突堤)

海外の練習船

大韓民国海洋大学校練習船 「HANBADA」
所属 大韓民国海洋大学校
造船所 林兼造船(株) 下関造船所
竣工 1978(昭和53)年
全長×幅 99.80 m × 14.50 m
総トン数 3,491.77t
航海速力 16.5kt
最大搭載定員 226名
韓国で博物館として保存されることが決まっている。外国の港としてはこれが最後の寄港となった。

麗水大学実習船 「Dong Baek」
大韓民国の麗水大学の実習船。総トン数1,057t、 全長64.91m。船名は学校の所在地である麗水(YEOSU)の花「冬柏」に因んでいる。

(2005年5月16日 神戸港) (2006年7月11日 新港第4突堤)

inserted by FC2 system